脱毛の始め方やちょっとしたコツをご紹介!

脚の脱毛をする時のコツ

脚の脱毛をする時のコツ 脚をツルツルにするために脱毛をしようとする方は多くいますが、自分で脱毛クリームを利用して行う際にはコツがあります。
このコツを押さえることで、綺麗な状態が長続きすると共に、肌を傷つけずに済みます。
まず、行う際には事前に温めるなどをして毛穴を広げることです。毛穴を広げておくことで毛穴の奥までクリームが入りやすいので処理後に黒いポツポツが残るのを防ぐことができます。
また、処理前に汚れを落としておくことでさらに効果的に処理をすることができます。そして、処理後はしっかりとクーリングをすることです。
冷やしたタオルなどを脚に当てておくだけで毛穴を引き締め、目立たないようにすることができます。
そして、仕上げにしっかりと保湿ケアをすることです。処理後の肌は刺激に弱く、そのままにしておくと肌荒れを起こしやすくなってしまう場合があります。そのため、アフターケアはきちんとしなければいけません。
このようにケアをすることで、自己処理でも綺麗な脚にすることができます。

脱毛で処理が楽になる

脱毛で処理が楽になる 夏用に衣替えのシーズンがやってくると、冬の間に放置していたムダ毛の処理にあわてて取り掛かるようになります。
4月5月くらいから空いた時間をみつけては脱毛することがお奨めですが、脱毛するといっても色んな方法があり迷ってしまうところです。
毛の根っこには、毛母細胞と呼ばれる毛を成長させる細胞、毛乳頭と呼ばれる毛に栄養を与えるものがあり、この毛乳頭にダメージを与えたり破壊することが脱毛のポイントになります。
肌の表面に出ている毛は全てが毛乳頭や毛母細胞とつながっているものばかりではありません。
ですから、一度レーザーや光を当てても毛乳頭につながっていなかった毛は脱毛できないことになります。
毛の生えそろってくる周期は通常1ヶ月程度ですのでそのタイミングに合わせてレーザーや光を照射していけば回数を重ねるごとに毛がダメージを受けて生えにくく細くなっていきます。
家庭用に作られた器機はダメージを与える力がクリニックよりも弱いので、最初は2週間の間隔で照射していき、毛が薄くなったら1ヶ月間隔にしていきます。
そうすると冬になっても手入れも不要ないつもつるつるのお肌でいられます。